本文へスキップ

運営方針CONCEPT

 広げよう、たすけあいの心、地域の輪 〜


サンキューネットの理念

1.お客様に希望、喜び、心に平安をもたらします。
2.社員に、かけがえのない出会いを通して、心豊かな人生と感動を与えます。
3.すべての人の幸福を願い、地域福祉社会の発展に寄与します。


サンキューネットがめざすもの(ビジョン)

“広げよう、たすけあいの心、地域の輪”
困った時はお互いさまの精神のもと、
だれもが住み慣れた地域で、いつまでも安心して有意義に暮らせる……サンキューネットは、そんな地域づくり(地域福祉社会)をめざしています。
サンキューネットと出会う人々が、互いに“生まれてきて良かった”と、心から思える出会いとなるような活動をめざしています。

サンキューネットの社章

CEO

このマークの顔にあたる部分は、地球をイメージしており、  
   にこやかな表情は、人々の幸せをイメージしています。
 また、笑顔の下で手と手をつないでいるこのマークは、
   人々がかけがえのない出会いを通して、
     共に手を携え支えあい、助けあう心と、
       そのシステム作りをイメージしています。


    このマークは、サンキューネット設立時、共に労苦を分かち合った「東堂登美子」さんの作品です。


法人沿革

サンキューネットの生い立ち
1998年12月 講座「介護保険と私たち−かしこい利用者になるためにー」を有志3人で企画、開講準備開始。
サンキューネットのあゆみ  (法人になるまで)      
1999年4月 講座「介護保険と私たち −かしこい利用者になるためにー」(全5回+施設見学)を企画運営。 (参加延べ人数 約650人)
7月 講座終了後、NPO法人をめざした住民参加型在宅福祉ボランティア団体としての「サンキューネット」設立準備説明会を開催。
8月 五軒家会館に仮事務所開所。
9月 富田林市加太877番地に事務所移転。
11月 「ふれあい切符」を採用した「時間預託」ができる有償活動団体サンキューネットとして在宅サービスを開始。(街かどデイハウス、制度外デイサービス、昼食サービス、たすけあい訪問サービス)
11月28日 特定非営利活動法人サンキューネット設立総会開催。
12月10日 特定非営利活動法人設立認証申請書を提出。
2000年3月31日大阪府知事より設立認証される。              
特定非営利活動法人
サンキューネットのあゆみ
2000年4月3日 法人設立登記
                                  
2000年
軽度生活援助事業(富田林市受託事業)、移送サービス事業、ホームヘルパー2級課程養成研修事業開始。富田林市地域ケア会議構成メンバーとなる。
2002年
訪問介護事業(介護保険ヘルパーステーション)開始。
2003年
3月 富田林市五軒家1-4-11に新社屋竣工、移転。
4月 通所介護事業(介護保険デイサービスセンター)、居宅介護事業(知的障がい・身体障がい・児童ヘルパーステーション)開始。
2004年
ガイドヘルパー養成研修事業、居宅介護支援事業(介護保険ケアプランセンター)開始。
2005年
特定旅客運送事業開始。業務拡張の為、ケアプランセンター・ヘルパーステーションを富田林市加太1-16-24に移転。
2006年
高齢者見守り訪問事業(富田林市受託事業)、いきいきネット相談支援センター(富田林市受託事業)開始。
2011年
富田林市市民公益活動支援センター第1ネットワークステーションとなる。
大阪府新しい公共支援事業「シニア丸特ねっとプロジェクト」協議体構成団体となる。
2012年
特定計画相談支援事業、障がい児計画相談支援事業開始。
2013年
6月27日、大阪府より仮認定NPO法人として認定される。        (有効期間2013/6/27から2016/6/26までの3年間)
2016年    
10月20日、大阪府より認定NPO法人として認証される。        (有効期間2016/10/20から2021/10/19までの5年間)
    

バナ